正しいブラッシング方法

ブラッシングは髪の毛を整えるだけでなく、様々な効果を期待することができます。しかし、適切な方法を実施しないと頭皮や髪の毛に悪い影響を与える可能性もありますので注意が必要です。ここでは正しいブラッシングの方法を紹介していきます。

ブラッシングが与える効果

ブラッシングは髪の毛だけでなく、頭皮にも良い効果を与えてくれると言われています。ブラッシングが与える効果は主に以下のことが考えられます。

①頭皮の血行促進

髪の毛の健康を維持するためには頭皮の血行が正常である必要があります。ブラッシングによって頭皮を刺激することで、溜まっている血流を正常にすることができ、頭皮の健康を促進させることができます。

②皮脂の分泌促進

女性は特に皮脂の分泌量が少なく、頭皮が乾燥しやすい状態になります。これを防ぐためには頭皮を適度に刺激し、皮脂の分泌を促進させる必要があります。皮脂は頭皮の汚れと認識されがちですが、適量は頭皮の保護に欠かすことができないものです。ブラッシングは頭皮の皮脂分泌を促進させることが可能となります。

③髪の毛に付着したホコリの除去

シャンプーなどを行う前にブラッシングを行うと、目に見えるホコリを除去することができるので髪の毛に汚れが溜まりにくくなります。特に髪の毛は水に濡れてしまうと汚れが外に出にくくなります。大きなゴミはブラッシングで除去することで効率よく髪の毛を洗浄することが可能となります。

正しいブラッシング方法

ブラッシングの方法はさまざまですが、要点を抑えることで髪の毛へのダメージを最小限に抑えることができます。

①ブラッシングは毛先から行う

根元からブラッシングを始めると引っ張られることによって頭皮に多大なダメージを与えてしまいます。枝毛や切れ毛の原因にもなりますので、毛先から丁寧に行うように心がけましょう。

②ブラッシングは2度行う

ブラッシングはシャンプー前と就寝前の2度行います。前者は説明したように髪の毛のホコリを除去するため、後者は寝ぐせを防止するためです。

正しいブラッシングの方法を身につけて髪の毛の負担を最小限まで減らすように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です