ヘアアイロンについて

髪の毛を整えるために、ヘアアイロンを重宝している人はたくさんいると思います。しかし、ヘアアイロンを間違って使用すると髪の毛とって大きなダメージになりかねません。ここではヘアアイロンの正しい使用方法について紹介していきます。

傷まないヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンはヘアスタイルを整えるために役立つものですが、かけ方にとっては髪に多大なダメージを与えてしまう危険性があります。ここではそれを防ぐためにヘアアイロンの正しい使い方を紹介します。

①必ず乾いた髪に使用すること

濡れた髪の毛でヘアアイロンを使用すると、水分が蒸発する際に髪の毛の水分まで一緒に蒸発してしまう恐れがあります。水分の減少は髪の毛が傷む原因の一つです。ヘアアイロンを使用する前にしっかりとドライヤーで乾かすようにしましょう。

②同じ場所を何度もあてないこと

ヘアアイロンを使用する際は、何度も同じ場所をあてないようにしましょう。髪の毛は熱や摩擦に非常に弱く、同じ場所を繰り返しあてることは髪の毛へのダメージにつながります。各部位に対して3秒程度を限度としてアイロンをあてるようにしましょう。

③使用後は冷風でケアを行う

髪の毛は熱に弱いと説明したように、ヘアアイロンを使用した後は髪の毛の温度が上昇しています。ヘアアイロンを使用した後はドライヤーの冷風を使用し、髪の毛をクールダウンさせることが大切になります。

④ヘアアイロンの頻度は週に2回程度

ヘアアイロンは正しい使い方を行ったとしても髪の毛には少なからずダメージを与えてしまいます。毎日使用すると髪の毛のダメージが蓄積されてしまいますので、最大でも週に2回程度を限度して使用するようにしましょう。

髪の毛は一度ダメージを受けると修復することができません。間違った方法でヘアアイロンを使用しては意味がありませんので、正しい使用方法と使用頻度をよく理解するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です