キューティクルの働きとは?

髪の毛の構造は意外と複雑になっています。その中でも髪の毛の表面部はキューティクルと呼ばれ、髪の毛の性質を維持するためにはとても重要な役割を担っています。

ここではキューティクルに関して簡単に紹介していきます。

髪の毛を保護する役割りがある

キューティクル最大の役割りは、髪の毛を外的なダメージから守るということにあります。キューティクルは髪の毛の表面をうろこ状に覆っており、しっかりと閉じていることによって髪の毛の内部構造は守られているのです。

髪の毛のダメージの原因となる紫外線や熱はキューティクルが機能することによってしっかりと守られ、美しい髪の毛をキープしています。

しかし、このキューティクルは熱や摩擦に弱いという性質も持っています。

そのため、ダメージを受けすぎるとキューティクル自身が剥がれ落ちてしまいます。

さらにこのキューティクルは一度剥がれてしまうと再生することができません。こうなると髪の毛の水分などは容易に放出され、外部からの攻撃にも弱くなってしまい、髪の毛が傷む原因となってしまうのです。

キューティクルは髪の毛のツヤ、肌触りを決める

キューティクルは髪の毛の外側を覆っているものですので、髪の毛のツヤや肌触りを決める重要な部分でもあります。

そのため、なるべくキューティクルの傷まない生活を行うことが大切になります。

キューティクルを守る方法としてトリートメントなどの毎日のケアはもちろんのこと、紫外線から髪の毛を守る、ドライヤーの風を近づけすぎないなどの努力が挙げられます。

髪の毛の健康は、すなわち美しい髪の毛につながるということです。

トリートメントは髪の毛の補修をしているにすぎません。

しかし、健康な髪の毛を保護するとい意味ではとても重要な役割を担っています。キューティクルを守るためにも物理的な衝撃や熱には気を付けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です