生活習慣と髪の毛の関係は?

生活習慣と髪の毛には深い関わりがあります。特に生活習慣の乱れが目立つ現代人は不摂生な生活を送ることによる髪の毛への影響も考慮しなければなりません。

ここでは生活習慣と髪の毛との関係について紹介していきます。

ストレスと髪質

ストレスはかつて精神的な病であるとされてきましたが、現在では身体的な影響についても立証されており、ストレスを溜めないことは健康を維持するために必要なこととなります。

ストレスと髪の毛との関係は栄養分の受け渡しにあります。過度なストレスが溜まると血管が収縮します。これによって血液から栄養素をもらっている髪の毛はうまく成長することができず、部分的に薄毛になったり、髪の毛が細くなったりします。喫煙も同じような影響があるとされています。

食生活と髪質

食生活は健康に最も関係のある習慣となりますが、当然髪の毛とも大きな関わりがあります。取り込まれた栄養素は生命活動をする上で重要とされる部分から優先的に栄養素を送るとされています。つまり、生命活動において比較的優先度が低くなります。

栄養不足になると髪の毛まで栄養を送ることができず、結果として薄毛や抜け毛、髪質の低下を引き起こす要因となってしまいます。

睡眠と髪質

睡眠は身体と脳を休めるために必要な行為ですが、同時にホルモンバランスを整えるために必要なことでもあります。髪の毛の生育は男性ホルモン、女性モルモンの影響が強く、ホルモンバランスの悪化は髪質の悪化を招いてしまいます。女性は特にホルモンバランスが崩れやすいため、夜更かしなどはできるだけ避けるようにしましょう。

きれいな髪質を実現するためには、当然美容院などでケアを行うことも重要です。しかしそれだけでは必ずしも美しい髪の毛を手に入れることができるとは限りません。

生活習慣は自分で努力することのできる部分です。健康を維持するためにも、規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です