髪のパサつきやフケの原因は?

人の髪の毛はさまざまな要因でダメージを受けてしまいます。ダメージを受けた髪の毛はパサつきやフケが発生する大きな原因となり、毎日のケアが欠かせなくなります。

ここでは髪の毛のパサつきやフケが生じる原因について紹介していきます。

乾燥は髪の毛にとって大きな問題となる

髪の毛が乾燥することは、パサつきやフケの一番の原因となります。健康な頭皮はおおよそ15%~20%程度の水分率を持っており、これを下回ると頭皮は乾燥しているということになります。

水分の保持力が低下すると、バリア機能が低下するため頭皮の環境は悪くなります。未熟な角質層などが次々と生み出されることにより、フケが発生し安くなります。

この頭皮の乾燥は髪の毛にも大きな影響を及ぼすことになります。髪の毛は頭皮の中にある毛母細胞から作られるので、頭皮の環境は非常に重要であると言えます。

外的な刺激も乾燥の原因になる

頭皮が乾燥する要因として、外的な刺激を挙げることができます。まず紫外線は最も刺激を受けやすい要因の一つとなっており、頭皮を紫外線から守ることはとても大切になります。

また、ドライヤーなどを近づけすぎると熱により頭皮の水分量が低下する可能性があります。ドライヤーを充てる際はなるべく遠くから充てるように心がけたり、冷風を使用して乾かすようにしましょう。

紫外線対策としては、UVカットを行ったり、直射日光を浴びないようにすることが大切です。とにかく頭皮は紫外線による影響を受けやすくなっていますので、少し過保護になるくらいがちょうど良いかもしれません。

髪の毛のパサつき、フケなどは頭皮がダメージを受けている証拠でもあります。髪の毛の性質そのものは遺伝による影響も強くありますが、まずは原因を見つけることが大事です。正しいケアを行わないと髪の毛の状態は悪化してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です