シャンプーのやり方は?シャンプーの方法は?

普段何気なく洗っているシャンプーも、その方法を間違えると逆効果となってしまうことがあるのを知っているでしょうか。人によってシャンプーの方法は多少違いが生じますが、きちんとしたシャンプーの方法はあるものです。

ここでは正しいシャンプーの方法について紹介していきます。

シャンプーは頭皮を洗うためにある

シャンプーを髪の毛を洗うためにあると思っている方は間違いです。シャンプーは頭皮を洗うために存在しています。

そのため、シャンプーを行う時に髪の毛を中心に洗っている方は、残念ながら正しい洗い方であるとは言えません。以下の方法は正しいシャンプーの方法となっています。

1.髪の毛を濡らす前にブラシでほこりを取り除く

ほこりやごみは水やお湯で濡らしてしまうと、吸着して取り除くことが難しくなります。こうした汚れは事前にブラシを行い、できるだけ目に見えるごみは取り除くようにしましょう。

2.髪の毛を濡らす際は熱いお湯は厳禁

髪の毛を濡らす際は体温に近い38℃前後のお湯が最も頭皮に適しています。もし、熱すぎるお湯を使用して髪の毛を濡らした場合、キューティクルが立ち上がり、髪の毛が膨らんでしまいます。また、頭皮にも多大なダメージを与えてしまいますので注意が必要です。

3.洗うのは頭皮だけ

シャンプーは頭皮を洗浄するためにあります。髪の毛はトリートメントでしっかりときれいにすることができるので、シャンプーでは頭皮を優しく洗います。

男性に多いのですが、よく爪をたてて掻き毟るように洗っている方は間違った方法です。これは頭皮に傷がつくため絶対に行ってはいけません。あくまで頭皮をマッサージするように指の腹で優しく洗うようにしましょう。

4.最後にしっかりと洗い流す

最後は十分なお湯でシャンプー剤を洗い流します。もし、シャンプーが残ってしまうと、肌が荒れる原因となります。また、シャンプーだけでは髪の毛のケアはできていませんので、トリートメントは別途行う様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です